女性

免疫細胞を活性化する方法

腸内環境を整える

お腹

免疫力アップすると疲れにくくなったり風邪などの感染症にかかりにくくなるという特徴があります。免疫力アップに関係しているのは体内にある免疫細胞で、この細胞が体の外からのウイルスの侵入を防いでいます。免疫細胞はがん細胞を除去したり花粉症やアトピーにならないようにする働きもしています。免疫細胞は血液中の白血球の中にあり、病原体を食い止めるために腸に数多く存在しています。腸には様々な種類の腸内細菌がいて免疫細胞と密接な関係にあり免疫力アップに役立っています。免疫力アップのためには規則正しい生活や十分な睡眠、ストレスをためないことなどの他に腸内環境を整えることも効果があります。腸内環境を整えるには必要な栄養をバランスよくとることと、乳酸菌をとることが効果的です。

乳酸菌が効果的

乳酸菌には免疫細胞を活性化するという効果があるため、乳酸菌を配合したサプリメントや健康食品が人気があります。乳酸菌を多く含む食品はヨーグルトや漬物などで、特にヨーグルトは様々な乳酸菌を配合した商品が開発されています。乳酸菌を配合した健康食品やヨーグルトは手軽に摂取できて免疫力アップが期待できるのが人気の理由です。様々な種類の乳酸菌を取り入れた方が免疫力アップに効果があります。免疫力アップのためには乳酸菌を生きたまま腸へ届けることが効果的なので、胃酸に強い乳酸菌が開発されて人気となっています。乳酸菌を効果的に摂取するには胃酸の弱まる食後に摂取したり、乳酸菌の働きを助ける作用があるオリゴ糖を一緒に摂取したりすると効果的です。

その場凌ぎでは意味が無い

サプリメント

免疫力を上げるサプリメントは薬では無いので先を見据えた形での利用が望ましく、普段の生活の中で取り入れると言った方法が一番ともなって来ます。種類の多さはそのまま体の問題毎に分けて使う事も可能としているのも特徴で、健康な人であっても総合的な恩恵を当てにした使い方もできて便利です。

詳細を確認する...

あまり知られていないが

やさい

免疫を低下させる原因は色々あります。喫煙やストレスを溜めること、たくさんお酒を飲むことが主な原因です。免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなると言うのは有名な話ですが、それだけではありません。がんになるリスクも高めてしまうので注意しましょう。

詳細を確認する...

抗生物質の罠

女性

免疫力を低下させるのは、風邪薬などの抗生物質が原因と言われています。抗生物質が、腸内の善玉菌まで殺傷してしまう結果として、人間が本来持つ自然治癒能力を奪ってしまうだけでなく、MRSAのような薬の効かない細菌を生み出してしまうのです。

詳細を確認する...